リヴァプール 2017-18 アウェイ ユニフォーム

2017年でクラブ創設125周年を迎えるリヴァプール。新シーズンに向けたアウェイモデルが6月2日に発表された。

Liverpool 2017-18 New Balance Away

フィールドプレーヤー用のユニフォームとしては、久しぶりに緑が使われている。リヴァプールが初めて緑を使った1991-92シーズン(アウェイモデル)はFAカップで優勝している。
4分割のデザインは1995-96シーズンのアウェイモデルを思い出させるが、このときは緑の部分が左上・右下と位置が逆だった。

エンブレムのデザインは「125YEARS」を刺繍した特別仕様となっている。

背面のデザインはシンプル。首元には「ヒルズボロの悲劇」の犠牲者96名を追悼する炎と96のエンブレムを施している。

今季のアウェイは通常モデルの他に、125周年記念の限定モデルもリリースされる。