大島僚太が意識するチームとしてのまとまり…自分自身を活かすためには?

日本代表MF大島僚太は、アピールも意識しながら、チームとしてまとまった戦いを見せることが重要だとした。

ロシア・ワールドカップ直前ということで、代表ではアピール必至の難しい時期。しかし、大島は「初めての経験なので、あんまり敏感にそんなに気にしないで自分に集中してプレーしようとは思っています」と話す。一方で、「やっぱりチームとしてまとまりがない試合っていうのはよくないと思うので、そこは全員でこの2試合はしっかりやらないといけないのかなとは思います」と語っている。

また、自分自身を活かすためのプランも頭の中にはしっかりとある。

「選手間の距離が遠くなってしまうとやっぱり体でつぶされてしまうとか、当たられないことは意識しますけど、なるべく味方同士、近い距離を保ちつつ、人数かけながら崩すとかつなぐとかが攻撃面ではできればなとは思います」

ロシア・ワールドカップへの思いも強いことを明かした大島。リオデジャネイロ・オリンピックでも国を代表して戦ったが、ロシアでも日の丸を背負うことになるのか。いずれにしても、この2試合のパフォーマンスがカギを握ることは間違いない。