槙野智章「一番犯してはいけない場所で」マリ戦でのPK献上を後悔

日本代表は23日にマリ代表と対戦し、1-1の引き分けに終わった。DF槙野智章(浦和レッズ)は仮想セネガルのマリ相手のドローを「率直に勝たなければいけなかった試合」と振り返った。

日本は前半終了間際にエリア内でDF宇賀神友弥がファウルを犯し、マリにPKを献上。これを決められ1点のリードを許した。

「一番失点してはいけない時間帯で、一番犯してはいけない場所でファウルしてしまった。ただ、そこからチームが立ち直った中で、どう点を取りに行くかは見せられたとは思う」

「セネガルとどれくらいの力があったか分からなかったですけども、今のこの状況を把握しながら、もっとチャレンジすることは必要だった」

「ディフェンスとしてはゼロで終えたかったのが本音」と槙野はこの日、昌子源と最終ラインの中央を形成。適切なスプリントでラインを上げて、「相手FWを置き去りにしてオフサイドラインを置いた」と意識していた点を明かした。

その意識もあってか「結果的にシュートは2、3本ほどしか打たれていないので、しっかりラインを統率できたことはポジティブに考えても良かった」と収穫を挙げた。

その後日本は、後半アディショナルタイムに途中出場の中島翔哉が値千金の同点弾。A代表初出場のアタッカ―の一撃でドローに持ち込んだ。槙野もその中島や同じく途中出場を果たした三竿健斗といった選手が良い刺激をもたらしていると考える。

「代わりに入った選手がああやってね、チームに正しい刺激をもたらしてくれたことはポジティブに考えても良いと思う」

それでも、今の代表に必要な要素として「競争意識」を口にした槙野。自らもロシア行きの生き残りを懸けたサバイバルに身を置く立場でもある。

「いろいろな選手が試されたが、チームとして競争意識をもっと加えていく必要がある」

競争があってこそチームの強化につながる。ロシアW杯のメンバー入りへ、27日のウクライナ戦でも槙野が猛アピールを続ける。