モナコ、リーグ開幕を前に2014-15新サードユニフォームを発表

いよいよ本日8日、スタッド・ランス対PSGの試合で2014-15シーズンが幕を開けるリーグ・アン。
2日に行われたトロフェ・デ・シャンピオン(フランス・スーパーカップ)では、リーグ王者PSGがカップ王者のギャンガンを2-0で撃破。やはり今季もこのチームを中心に優勝争いが展開されそうだ。そうしたなか、“ストップ・ザ・PSG”を目指すチームの筆頭に挙げられる、昨季リーグ2位のモナコが開幕を前に新しいサードユニフォームを発表している。

as-monaco-2014-15-nike-third

AS Monaco 2014-15 Nike Third

故グレース・ケリー公妃が考案した切り替えしデザインのホーム、地中海をイメージした青のアウェイに続いて登場したのは、白をベースに赤を配したシンプルなデザインのサード。

as-monaco-2014-15-nike-third

パンツとソックスには赤を採用しており、ホーム、アウェイとの柔軟な組み合わせが楽しめそうである。
as-monaco-2014-15-nike-thirdReady For Battleと準備万端なモナコの開幕戦は10日。ガーナ代表としてブラジルW杯でも活躍したアユー兄弟の弟、ジョーダン・アユーがマルセイユから加入したロリアンをホームに迎える。

バレンシア、とってもカラフルな2015-16新アウェイユニフォームを発表

“3番手”こそ昨季のリーガ王者であるアトレティコ・マドリーに譲っているものの、4位で来季のCL出場に向けて一歩ずつ前進しているバレンシアが9日、2015-16シーズンの新ユニフォームを発表した。

Valencia 2015-16 adidas Away

valencia-2015-16-adidas-away-kit

バレンシアは2014年からadidasと契約(その前はJoma)。その1年目は白のホーム、オレンジのアウェイともに汎用のテンプレートでシンプルにカラーを打ち出したデザインだったが、さすがに2年目は濃いものを用意してきた。
今回発表されたアウェイは、いわゆる「セニェーラ」を全面に打ち出したユニフォーム。「セニェーラ」とは中世の時代、最盛期にはスペイン東部からギリシャまでの地中海広域を支配したアラゴン王国のシンボルカラー、黄色と赤のストライプのこと。

valencia-2015-16-adidas-away-kit

現在でもカタルーニャやバレンシアなどで州旗に使われており、バレンシアもたびたびユニフォームのデザインに採用。バレンシアの「セニェーラ」モデルは、2012-13サード以来となる。

valencia-2015-16-adidas-away-kit

バレンシアの場合は州旗に青も使われているため、こういったカラーリングになる。

valencia-2015-16-adidas-away-kit

名古屋グランパスが2016新ユニフォームを発表!「魂」と「誇り」を表現

2年間に渡る西野朗体制で結果を残せなかった名古屋グランパスは今季、OBである小倉隆史氏が監督に就任。昨年まで補佐を務めていたゼネラルマネジャーにも正式に就任しており、GM兼監督という形で新生グランパスの構築に着手している。
戦力面では今オフ、2010年の加入以降チームの大黒柱であった田中マルクス闘莉王が退団。ミリヴォイェ・ノヴァコヴィッチやダニルソンらもチームを離れた。
一方新戦力として、北欧からDFルドゥウィッグ・オーマン、FWロビン・シモヴィッチを獲得。MF明神智和(G大阪)、DF安田理大(神戸)といった経験豊富な元日本代表選手も加入している。

Nagoya Grampus 2016 le coq sportif Home

名古屋グランパスユニフォーム

名古屋は15日、2016シーズンに向けた新ユニフォームを発表。
ホーム(1st)はクラブカラーである赤を基調に、チームのスピリット(魂)、プライド(誇り)を黄色とオレンジのダブルストライプで表現したデザイン。首元に入れられた印象的なストライプに合わせ、正面にもシャドーのストライプが施されている。

名古屋グランパスユニフォーム

名古屋グランパスユニフォーム

今季も引き続き、白パンツ、赤ソックスとの組み合わせを採用。このまま定着していきそうだ。

名古屋グランパスユニフォーム

襟付きモデルは、2005-06アウェイ以来とのこと。実物を見ると、“ダブルストライプ”に合わせてエンブレムのストライプにも通常より明るい黄色が用いられていることが分かる。

パリ・サンジェルマン、赤の2016-17新アウェイユニフォームを発表!

豊富な資金力を武器にビッグクラブとしての地位を確立したフランスの絶対王者パリ・サンジェルマン。しかし、欧州の舞台ではなかなか飛躍を果たせず、昨季もCL準々決勝でマンチェスター・シティに敗退。4年連続のベスト8に終わった。
今オフはエースのズラタン・イブラヒモヴィッチが退団。新たな指揮官としてウナイ・エメリを迎え入れ、彼の古巣セビージャからグジェゴシュ・クリホヴィアク、ニースで大復活したアテム・ベナルファなどを獲得している。

Paris Saint-Germain 2016-17 Nike Away

PSG新ユニフォーム

PSGの2016-17新アウェイユニフォームは、伝統カラーの一つである赤を基調としたデザイン。
ホーム同様濃淡による切り替えしで、差し色に青、スポンサーロゴなどには白を配置。フランス国旗の色でもあるクラブカラーのトリコロールを表現している。

PSG新ユニフォーム

PSG新ユニフォーム

PSG新ユニフォーム

流行りの「ソックスのみ別カラー」ではなく、全身同色のコーディネートに。エンブレムが意外に映える。

PSG新ユニフォーム

武藤所属のマインツ、Lottoの2017-18新ユニフォームは個性派揃いだ!

Mainz 05 2017-18 Lotto Away

マインツ 2017-18 新ユニフォーム

ブラックはマインツのユニフォームに度々使われるので目新しくはないが、立体感がある棘のようなグラフィックはかなりユニークだ。
他のキットと異なり、両袖と右胸のメーカーロゴマークにはゴールドを配している。

マインツ 2017-18 新ユニフォーム

背面にはグラフィックプリントはなく、ブラック一色となっている。

Mainz 05 2017-18 Lotto Third

マインツ 2017-18 新ユニフォーム

サードキットはブルーのメランジ柄で、アウェイキットと同じく珍しいデザインとなっている。スポンサーの“KÖMMERLING”(コマリング)は、窓枠などを製造するドイツの建材メーカー。

マインツ 2017-18 新ユニフォーム

他のキットと同じく、背面首元には“1905”のプリント入り。肩部分のデザインも各モデル共通だ。